EPAの効果

EPAの効果とは

食が発達した現在の時代は、成人におけるあらゆる病に効果を発揮するといわれています。

1.中性脂肪を改善する。

中性脂肪の基準値は50~149mg/dlの範囲内です。
300オーバー、500オーバーの方たちが数多く改善がみられたようです。
現代病は、年齢や性別などには関係なく誰もが中性脂肪が高くなる要因がありますね。

2.動脈硬化を改善する

EPAは動脈硬化の原因である、血小板の凝集を抑制する結果がでます。
予防や改善に良い結果が得られるようです。

3.炎症やアレルギーの改善

花粉症や、アレルギー性の炎症などを軽減する働きがあります。
原因となる、プロスタグランジンやロイトコリエンという物質を抑制します。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ